開運豆知識

開運に関する豆知識や風水のことなどについてツラツラと書き綴っていきます。

開運の法則

北九州で予約が取れないといわれている占い開運アドバイザー・崔燎平さんの初めての著書が発売されました。

f:id:kaiun_inkan:20180503153604j:plain

この本の内容は、今までに5万人を占ってきた崔燎平さんが、「幸せでお金持ちな人」の共通点をまとめたものとなっているようで、衣食住、日々の心がけ、自分の才能の見つけ方、結婚相手を見つける方法など、運を開くためのコツがぎっしり詰まっているようです。

よくお金持ちは「長財布で余計なものが入っていない」と言われているのですが、それをいますぐ真似したところであまり意味がないようで、お金持ちになる前からこのようなことを実践していたのだそうです。

つまり、どうやらお金持ちになるのは、実は「お金持ちになる前からなっている」法則というのがあるようです。

なんでもお金持ちの共通点として「明るい色の服を着る」「家がシンプル」などがあるようで、さらに面白いことに「地球最後の日に食べたいものは?」という質問の答え・・・。

なんだと思います?

高級料理?自分の好きな食べ物?

なんとお金持ちの人全員が全員、明日地球が滅亡する前の日には「母の手料理」が食べたいと答えたのだそうですよ!!!

まぁ、これさぞ良いものばかり食べてきたから、このような答えになるんでしょ? なんて思った方、これは大きな間違いで、こんな理由があるようですよ。

親は、自分の子どもが自分よりも1日でも長く、幸せに健康に生きて欲しいと願い、子どもを育てます。その中でも、直接命に関わるものが、お母さんのおっぱいに始まる、食事です。 そういう思いを込めて料理をしてくれる人の存在、そしてその人たちのごはんを食べていくことがどれほど大切か。後天的に運が強くなっていった人は、その大切さに気づいた人なのです。

なんだか、お金のないことが痛いほどわかります・・・。

リビングの床には物を置かない

リビングと言えば、多くの人が集まる場所。 特に家族で過ごす場所としては、いつも綺麗にしておきたいもの。

そもそもリビングは良い気に満ちた場所にすべきところで、そこに住んでいる人全員に影響を与える場所となっています。

f:id:kaiun_inkan:20171226163638j:plain

やってはいけないリビング

まず、大前提として、リビングの床にモノが散乱しているのはNGです。 特に古い雑誌や古新聞なんかを山積みにするなんてのは、持ってほかで、悪い気が溢れてしまいます。

社交運やビジネス運が低下してしまいますので、すぐにでも片付けましょう!

あと、よくやりがちなのが、バックなどをそのまま置きっぱなしにしてしまうこと。 ついつい、これやっちゃうんですよね。 しかし、これ厳禁です。運気が停滞してしまうので、やめましょう。

とにかく床にモノがなければ、スッキリしますし掃除もしやすくなります。 これ、なにがいいかというと、フロアに貯まったホコリにも悪い気が停滞するので、しっかりと掃除することが大切なのです。

すっきりとした部屋だと、掃除も楽ですし、まさに一石二鳥となるわけです。

悪い玄関

玄関は「気」の入り口です。 「気」だけではなく、生活においては様々な人の出入りがあり、どうしても雑然としがちな場所となることも多く、それだからこそ、いつも綺麗にしておかなければなりません。

f:id:kaiun_inkan:20171218142352j:plain

まず基本として「不要な物、古くなったものは捨てる」ようにしましょう。

まず第一に、靴。 履かない靴は玄関に出しっぱなしにしてはいけません。 しっかりと下駄箱に仕舞うようにしましょう。 とはいえ、下駄箱が満杯であったり、靴を重ねておくなんてことは絶対にしてはいけません。 まず下駄箱がいっぱいで、スペースがない場合、そこに悪い気がこもってしまいます。

古い靴は処分して、使っている靴を手入れ、修理することによって、社交運はアップします。 また汚れた靴は、履いている人の対人運を落としますので、綺麗にお手入れしてあげましょう。 特にビジネスマンは、「仕事のできる人、できない人」は靴で見分けられると言われますからね。

あと傘立て。

壊れた傘などが置きっぱなしになっていませんか? 特に、骨の飛び出している壊れた傘からは、強い殺気が生じて健康運をダウンさせてしまいますよ。